お茶に含まれているカテキンが発ガン作用の抑制に効果があることが知られています。

FrontPage

お茶がなぜ体にいいのか!

お茶に含まれるカテキンが体にいいことが立証されています~

お茶でガン予防

  • お茶に含まれているタンニンの主成分カテキン発ガン作用の抑制に効果があることが科学的に証明されています。
  • お茶の産地の胃ガン発生率を調べてみると、全国平均より発生率が低い事がわかっています。そのほか、高血圧などにも良いことがわかっています。

老化・認知障害予防にお茶

  • ビタミンEが緑茶の中に多数含まれている事がわかりました。
  • 今まではお茶の中のビタミンCが注日をされてきましたが、最近の研究でこのお茶が老化予防に効き目があると言われています。

虫歯予防にお茶

  • お茶には歯を強くするフツ素が含まれています。お茶を飲む事で虫歯予防にもなります。
  • 歯の間にある食べカスを取り除くサボニンや、ロの中の食べカスの雑菌をおさえるタンニン(カテキン)をお茶は含んでいます。
    昔から食後にお茶を飲むのは、こういう意味もあったようですね。

お薦めのお茶-掛川の東山茶

試飲しました!まさに、お茶作りの田舎人の産物です。

通販:静岡県掛川市東山産の一流産地だけが作る至高の逸品!

カテキンの殺菌・解毒作用

  • 緑茶の渋味成分のカテキンは、食中毒を起こすほぼすべての薗に対して有効といわれており、近年0157のベロ寺素も解睾するということで、ますます注目されているようです。お茶を食事中、食後に普通に飲めば、その殺菌、抗毒作用で食中毒を予防してくれます。海外旅中にも持っていくと良いようです。
  • お茶が虫歯や口臭にきく、といわれているのもカテキンが口の中の細菌を殺してくれているからなのです。
  • また、風邪・インフルエンザにもかかりにくくなるといわれています。お茶を半分くらい薄めた物でうがいするとウイルスの感染を防いでくれます。

メタボ、ダイエツトにお茶

  • お茶はノンカロリー飲料です。いくら飲んでも太りません。また、豊富なミネラルを含んでいます。メタボ、ダイエツト効果にお茶とも言えそうです。
  • お茶は高いコレステロール値を正常に戻すともいわれています。
    高コレステロールの食事をしたときに、食後にお茶を飲んでおけば、カテキンの効果でコレステロール値を正常に戻すといわれています。血液の中のコレステロールのバランスを正常にする働きがあるそうです。
  • コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、この両者のバランスが大事だといわれてますが、コレステロールの多い人はほとんど悪玉コレステロールが多くなっているようです。お茶を飲むと、悪玉コレステロールだけを減らすので、お茶を飲みすぎたからといって、体に必要なコレステロールを減らす心配はないということです。

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional